詳細情報

検索結果一覧

板絵着色役者絵

 鳥居清長筆

種別都指定 有形文化財(絵画)
所在区市町村練馬区
指定年月日昭和27年11月3日
昭和51年7月1日 条例改正に伴い都重宝から種別名変更
員数1面
所有者宗教法人 長命寺
時代/年代近世・江戸時代
解説文 方形の木造扁額で、縦121cm、横136cm。右下に「清長筆」とあり、鳥居清長が文化11年(1814)6月中村座にて興行された「蝶々曲輪日記」の放駒長吉、濡髪長五郎を描いて長命寺観音堂に奉納したもので、長吉は歌右衛門、長五郎は三津五郎が扮しました。江戸時代鳥居派の清長の役者絵として優秀な作です。
所在地練馬区高野台3-10-3 長命寺
アクセス西武池袋線「練馬高野台」駅(北口)下車徒歩約5分

都指定有形文化財(絵画) 板絵着色役者絵 拡大表示

都指定有形文化財(絵画) 板絵着色役者絵

このページのトップへ