詳細情報

検索結果一覧

平久保のシイ

種別都指定 天然記念物
所在区市町村多摩市
指定年月日昭和36年1月31日
平成21年3月16日 追加指定
員数2本
所有者個人(多摩市環境部公園緑地課) 
解説文 シイはブナ科に属し、日本の照葉樹林の最も中心となる常緑高木です。
 多摩ニュータウンの一画に、小高く丘状に残された公園内の南から西に緩やかに傾斜した斜面に生育しています。平久保のシイは、大小2株のシイが互いに枝を繁茂させ、葉が密に生い茂り、お椀をかぶせたような樹形を持ちます。
 昭和36年に先に天然記念物指定されたのは大きな株のみですが、2本のシイが一体となった樹冠を形成している巨樹のため、2本を一体として保護し、こんもりとした樹冠(ひろがり)を保つことが重要です。というのも、どちらか一方の木の樹勢が悪くなって樹冠に穴があくと、そこだけ風当たりが強くなり、大枝が支えきれなくなることが考えられます。そのため、平成21年に小さな方の株を追加指定し、保護する範囲を広げました。
 平久保のシイは、多摩ニュータウン開発以前の豪農の庭に育成していたシイで、多摩丘陵の面影を残す大樹として重要です。大きい株の樹高は25m、幹囲は5.9mあります。小さい方の株も幹囲3.1mあります。両方合わせた樹冠は約28mにもなります。
所在地多摩市落合4-22
アクセス京王相模原線・小田急多摩線ほか「多摩センター」駅からバス(京王多摩車庫前行)「落合中学校前」下車徒歩5分
公開情報【公開日】通年
【公開時間】9:30~16:00
【料金】なし
注意事項敷地内は禁煙です。
駐車場はありません。
都指定天然記念物 平久保のシイ 拡大表示

都指定天然記念物 平久保のシイ

都指定天然記念物 平久保のシイ 拡大表示

都指定天然記念物 平久保のシイ

このページのトップへ